報酬機能搭載版ウォレット配信開始

2019年11月29日日本時間午後9時、残高スナップショットが実施されました。この時点でメインネットのDaedalusまたはYoroiウォレットにADAを保有していた場合、テストネット用ADA残高を復元してステーク委任起用にアクセスしたり、ステークプールの運営を開始して、ADAによる実際の報酬を稼ぐことができるようになりました。

network globe visualisation
Cardano logo
Shelley
Incentivized Testnet

ステークを委任する

Shelleyネットワークでステークを委任して報酬を獲得。開発をサポートしてCardanoの発展にご協力ください。
委任とは

委任はADA保有者が自分のADAに関連付けられたステークをステークプールに委任するプロセスです。これにより、ノードを稼働させるスキルや興味を持たないADA保有者でもネットワークに参加し、委任したステークの量に応じて報酬を得ることができます。

これはテストネットですが、ステークを委任して得た報酬は現実のものであり、インセンティブ付きテストネットが終了するとメインネットに移し替えることができます。公正なシステム運用を長期にわたり成功させるために、IOHKは報酬を制限する権利を留保します。


インセンティブ付きテストネット用ウォレット

インセンティブ付きテストネット向けの全機能を搭載したDaedalusおよびYoroiの配信が始まりました。これを使うと、テストネット用ADA残高の復元、ステークプールの閲覧が行え、さらにステークを委任することによりADAによる実際の報酬を得ることができます。

  • インセンティブ付きテストネット用Daedalus

  • 2019年11月29日日本時間午後9時に残高スナップショットが実施された時点でDaedalusまたはYoroiウォレットにADAを保有していた場合、Daedalus - Rewardsウォレットを使って、その時の残高が正しくキャプチャーされているかを確認し、ステークプールを閲覧し、ステークを委任することができます。

  • Daedalus - Rewardsウォレットをダウンロード、インストールしたら、ウォレット復元機能を使用してテストネットの残高とメインネットの残高が一致するかを確認します。この際、スナップショット実施時にADAを保有していたメインネットウォレットの復元フレーズを入力する必要があります。

    ウォレット復元プロセスで作成された「残高ウォレット」を使うと、メインネットの残高が正しくキャプチャーされているかを確認できます。Daedalus UIの指示に従い「報酬ウォレット」を作成すると、ステークプールにステークを委任してADAによる実際の報酬を稼ぎ始めることができます。

    Daedalusでの委任方法を知るにはステップごとのガイド をご覧ください。

    これはテストネットです。Shelleyメインネットリリースに先立ち、IOHKがプラットフォームを改良し、ネットワークのテストを行うのに役立つようデザインされています。このため、バグや軽微な不具合、エッジケース等の発生が想定されるほか、Daedalus - Rewardsウォレットは修正、改良、新機能の追加等必要に応じた随時更新を予定しています。

    皆様のフィードバックは大変貴重です。この初期リリース版ウォレットで何らかの不具合が発生した場合は、Daedalusのヘルプメニューから直接サポートチケットを送信するか、IOHKサポートポータルでリクエストを送信してください。

  • Yoroiで残高を確認

  • 2019年11月29日日本時間午後9時に残高スナップショットが実施された時点でDaedalusまたはYoroiウォレットにADAを保有していた場合、報酬機能搭載した新しいYoroiウォレットを使って、その時の残高が正しくキャプチャーされているかを確認し、ステークプールを閲覧し、ステークを委任することができます。

  • 報酬機能搭載版Yoroiウォレットをインストールしたら、ウォレット復元機能を使用してテストネットの残高とメインネットの残高が一致するかを確認します。この際、スナップショット実施時にADAを保有していたメインネットウォレットの復元フレーズを入力する必要があります。

    報酬機能搭載版Yoroiウォレットを使うと、テストネット残高を確認し、利用可能なステークプールを閲覧し、ADAによる実際の報酬を稼ぎ始めるためにブラウザーから直接ステークを委任することができます。

    報酬機能搭載版Yoroiウォレットの使用で不具合が生じた場合はYoroiウォレットサポートチームにお問い合わせください](https://yoroi-wallet.com/#/support)。


始め方

インセンティブ付きテストネットを始める方法はシンプルです。このテストネットは、2019年11月29日日本時間午後9時に実施された残高スナップショットで、メインネットに保有されていたADA残高の全UTXOを記録することから始まりました。この時点でDaedalusかYoroiウォレットにADAを保有していた場合、インセンティブ付きテストネットに参加することができます。必要なことは、上のいずれかのインセンティブ付きテストネット専用ウォレットをダウンロードするだけです。これで、ステークを委任し、ADAによる実際の報酬を得ることができます。

ベストプラクティスおよび安全上の注意については、サポートポータルの記事を参照してください。

Cardanoプラットフォームの開発またはステークプールの運営に興味がありますか

テストネット開発者サイトで詳しくご覧ください

よくある質問

ステークプールはステークプールオペレーターが運営します。これは、OuroborosプロトコルおよびCardanoネットワーク全体としての成功を確保するのに欠かせない、ノードの恒常的なアップタイムを確保できるスキルを持つネットワーク参加者です。

プロトコルは確率的メカニズムを使用して各スロットのリーダーを選定し、リーダーはチェーンの次ブロックを生成することが求められます。ステークプールノードがスロットリーダーに選ばれるチャンスは、ノードに委任されているステークの量に比例して増加します。ステークプールノードはスロットリーダーに選定され、無事にブロックを生成するたびに報酬を受け取り、その報酬はそのプールに委任したメンバー間でステーク量に基づいて分配されます。ステークプールオペレーターは報酬のADAから運営経費およびサービス提供に対するマージンを差し引くことができます。

はい。メインネットのADAはインセンティブ付きテストの影響を受けません。残高スナップショットが実施されると、メインネットに保有されているADAは自由に送受信できるようになります。

はい。ステークを委任するプールはいつでも変更することができます。ステークの変更は、変更した時点のエポックより2期後のエポックまで変更前のプールに委任されたままとなります。その後、委任設定がチェーン上で更新され、ステークは新たなステークプールへと移ります。報酬は各エポック終了時に分配されます。したがって、新たな委任設定が適用されるまでの2エポックは、変更前のステークプールからの報酬を得ることになります。

Yoroiでは1つのウォレットから複数のプールに委任することができますが、Daedalusではできません。Daedalusで複数のプールに委任するには、異なるウォレットを作成する必要があります。各ウォレットに関連付けられたステークは特定のステークプールに委任することができます。

ただし、1つのウォレットから複数のプールに委任する機能は、メインネットではサポートされません。

パフォーマンスメトリクスとは、ステークプールのパフォーマンスがどの程度のものであるかの指標です。ここでは想定されたブロック生成数に対し、そのステークプールが実際に生成した数の割合をパーセンテージで示しています。例えば、あるプールが想定されたブロック数の半数しか生成しなかった場合、そのパフォーマンス評価は50%となります。ネットワークの接続状態が悪かったり、オペレーターがオフラインにするなどの場合、こうした状況が起こり得ます。

パフォーマンス評価は長期的に見た方が信憑性が増します。あるプールが現行のエポックでまだブロック生成に選定されていない場合、同エポックの後期にブロックを生成することが見込まれていたとしてもパフォーマンス評価は0%になります。プールが想定以上のブロックを生成した場合、パフォーマンス評価が100%を超えることもあり得ます。

これはテストネットであるため、パフォーマンス評価は参考としてのみ使用してください。ネットワークのアップタイム、更新、パラメーター変更に左右されることが考えられます。DaedalusとYoroiでは、パフォーマンスはステークプールのランキングに影響します。

飽和とは、特定のステークプールにネットワークの理想値を超えたステークが委任されている状態を指し、プールが飽和に達するとそのプールから獲得できる報酬は減少します。飽和メカニズムは、委任者による様々なステークプールへの委任とオペレーターによる代替プールのセットアップにより共に最大限の報酬を獲得し続けることを促進し、委任の集中を防止するためにデザインされました。飽和はしたがってステークを委任するADA保有者およびステークプールオペレーター双方の利害を確保するために存在します。

目的は特定のプールが大きくなりすぎる - それにより他のプールへの委任が非インセンティブ化する - こと、そして過度の報酬を受け取ることを防ぐことです。ネットワークの健全性は、多数のアクティブなステークプールにバランスよくステークが委任されているか否かによっても左右されます。プールがよりたくさん、地理的に分散していればいるほど、健全性は高まります。

ステークプールの飽和率はDaedalusステークプール選択画面に表示されます。

望ましさパラメーターとは、ステークを委任するADA保有者に各ステークプールの適性を知らせるものです。これは、ステークプールのマージンや手数料、パフォーマンス、現行のエポックにおける報酬総額、飽和率など、さまざまな要素により決定され、ステークプールのランキングを決定するのにも使用されます。

ステークプールは望ましさやパフォーマンス、その他の要素を組み合わせてランク付けされます。

はい、技術的に可能です。ステークプールを登録し、オペレーターの報酬率を100%に設定して、このステークプールに委任した人が報酬を受け取れないようにします。これで、このステークプールに委任した人にインセンティブが発生しなくなり、かわりにステークプールオペレーターのみが自分のADAをステークとしてすべての報酬を受け取りながらステークプールの運用テストを実行できます。

Daedalusインセンティブ付きテストネットウォレットには、全参加ステークプールのリストが搭載され、UIに直接表示されます。一方Yoroiでは、同じ情報をSeizaブロックチェーンエクスプローラーで確認できます。各プールは、ステークホルダーが自分のステークをどこに委任するかベストな選択ができるようにランク付けされ色分けされています。

インセンティブ付きテストネット報酬計算機を使うと、インセンティブ付きテストネットでどの程度の報酬を得ることができるのか、大まかなイメージをつかむことができます。計算機は報酬の概算を目的としたものであり、実際の報酬額、またはこれを保証するものではありません。インセンティブ付きテストネットの過程で異なるパラメーターをテストすることにより見積もり額が左右されることが十分に考えられます。したがって見積額は変化する場合がありますが、現実的で妥当なレベルの結果を示します。

DaedalusとYoroiウォレットはインセンティブ付きテストネットでサポートされています。上記リンクからお好みのウォレットクライアントをダウンロードできます。

技術的な理由により、インセンティブ付きテストネットで復元できるのは、数週間内に実施予定の残高スナップショットを撮る時点でDaedalusまたはYoroiウォレットに保有されているADAのみとなります。インセンティブ付きテストネットに参加する場合は、取引所、第三者ウォレット、ハードウェアウォレット等に保有されているADAを、スナップショットが実施される前にDaedalusまたはYoroiウォレットに移してください。

インセンティブ付きテストネットでウォレットを復元すると、テストネット用ADAが入った残高ウォレットが作成されます。残高ウォレットはメインネットウォレットのコピーであり、ステーク委任機能をサポートしていません。インセンティブ付きテストネットで委任に参加するには、報酬ウォレットを作成して残高ウォレットから報酬ウォレットに資金を移し替える必要があります。

利用可能なテストネット用ウォレット(DaedalusとYoroi)では共にインセンティブ付きテストネットを通して獲得した報酬総額が表示されます。インセンティブ付きテストネットが終了したら、獲得したADAをメインネットへ手動で移し替える方法をお知らせいたします。

いいえ。インセンティブ付きテストネットでは、残高スナップショットの時点(2019年11月29日日本時間午後9時)でメインネットのDaedalusまたはYoroiウォレットに保有されていたADAのみをテストネット用ADAとして復元でき、インセンティブ付きテストネット専用版のDaedalusおよびYoroiウォレット経由でのみ、このテストネット用ADAを使って委任を実行することができます。